2010/10/31

ファイアーエムブレム暁の女神剣縛り実況

ミカヤたちの再登場マップです。久々にリセットしてしまいました。
ラグズ相手とは言え、出撃人数を絞るだけでここまで厳しくなるとは…。

FE暁の女神剣縛り実況第三部6章part1
FE暁の女神剣縛り実況第三部6章part2
FE暁の女神剣縛り実況第三部6章part3
FE暁の女神剣縛り実況第三部6章part4

余談ですが、今回も攻め込むと言うよりは守りに徹してましたね。
いえ、前回も防衛地点を守り切るマップだったので…。
私はどっちかって言うと、一気に攻め込んでクリアする方が好きです。
遊戯王でも防御型よりは攻撃型のデッキの方が好きだし…
結局何が言いたいんだかww
スポンサーサイト
2010/10/24

俺の嫁デッキ完成間近!!

以前からちらちら話していた、『俺の嫁デッキ』。
とりあえず一つだけ宣言させていただきます。

エアトスは俺の嫁(異論は認める)。

はい、名付けて「スキドレ次元エアトス」です。
こないだGS2010版を4パック買ったら一気に素材が揃ったので、もう完成間近です。
とりあえずレシピだけ公開します。続きからどうぞ。

続きを読む

2010/10/24

ファイアーエムブレム暁の女神剣縛り実況

ただの防衛戦ほど面白味がない攻略はないと思う人、挙手!
…はい、今回は10ターン粘るだけです。

FE暁の女神剣縛り実況第三部5章part1
FE暁の女神剣縛り実況第三部5章part2
FE暁の女神剣縛り実況第三部5章part3
FE暁の女神剣縛り実況第三部5章part4

ちなみにこのマップ、通常プレイでも敵将を倒してクリアしたことは1回もありません。何故なら面倒だからww
アイクをだ――っと進軍させてクラウン入手はやりますけどね。
2010/10/22

『レインボー・ネオス』大幅調整

以前のレインボー・ネオスをいざ実践に投入!
…してみたはいいけど、全っ然回らない……。
で、リア友から色々とアドバイスをもらって改善してみました。
続きからどうぞ。

続きを読む

2010/10/17

ファイアーエムブレム暁の女神剣縛り実況

特に言うべきことはないです。
緑軍の扱いについてはちょっと非道だったかな…?

FE暁の女神剣縛り実況第三部4章part1
FE暁の女神剣縛り実況第三部4章part2
FE暁の女神剣縛り実況第三部4章part3
FE暁の女神剣縛り実況第三部4章part4
FE暁の女神剣縛り実況第三部4章part5

この辺は三部の中でも割と簡単な部類に入るので、特に支障なく行けました。
次回はより面白味のないマップです…。
2010/10/15

『レインボー・ネオス』完成!

本日学校が終わった後、カードショップにて。
ファントム・オブ・カオス(略してファンカス)が売られているではないか!!
即購入!!そしてこれにより、以前話しました『レインボー・ネオス』デッキはほぼ完成!!
続きからレシピです。こpがあるのは相変わらずw

続きを読む

2010/10/10

ファイアーエムブレム暁の女神剣縛り実況

今回はターン制限ありますが楽勝楽章!
…のはずだったのですが、気楽に構えてたため幸運の女神に呆れられたようです…。

FE暁の女神剣縛り実況 第三部3章part1
FE暁の女神剣縛り実況 第三部3章part2
FE暁の女神剣縛り実況 第三部3章part3
FE暁の女神剣縛り実況 第三部3章part4
FE暁の女神剣縛り実況 第三部3章part5

「俺はツキのなさを言い訳にしたくねえんだ。
 運の良し悪しはあるだろうが、それを自分の弱さの言い訳にしたくねえ」
こんなことが堂々と言えたらいいです…。
2010/10/07

最近また・・・

ここ最近になって、急に熱が上がってきたようです。
何の熱かって…

遊戯王カード!!!

アニメGXを見てたらHEROデッキが急激に作りたくなって、やっちゃいますた(笑)
漫画発のHERO(アブソルートzeroとかTheシャイニングとか)も入れてますが、これが強い強い。
続きから、私のHEROデッキのレシピです。大会に興味はないのでコpもあったり(笑)

続きを読む

2010/10/06

動画数100本達成!ありがとうございます!!

というわけで、記念にこれまで(と言っても半年も経ってませんが)の経緯を語りながらの実況単発動画をうpしました。

【動画数100本達成記念単発】語りながら動物番長を実況プレイ

現時点での目標は、FE暁の女神剣縛り実況を最後までやり通すこと!
色々と未熟な私ですが、これからもよろしくお願いします。
2010/10/04

Gの持つ力(サスペンス風?に書いてみた)

今日、学校で午後の授業にて。
始まってから30分くらい経った後、前に座っていた友達が黒板とは別の方に、
しかし前の方へ目線を動かした。そこにいたのは――――


でっかい「G」。


周りをよくよく見れば他の人たちもそちらの方に目線を集中させていた。
そして無意識に、私の意識もそちらの方へ向かっていたのだ。
一旦姿をくらましたかに思えたが、さらに20分後に再び姿を露わにした。
しばらく黒板を周るようにウロチョロしていたが、やがて下に降りて――床へ落ちた。
その瞬間、周りも声なしにざわついた。いつこちらへ来るかわかったものじゃない。
10分くらいすれば何事もなかったかのようになったが、私も含め内心ではオドオドしていただろう。
…Gとはいつの時代にも、ある意味で人々の注目を集めるものなんだと、私は今日改めて知った。


はい、くだらない(笑)
ちなみに部屋に出てきた人はいますか? 私は1回ありました…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。