--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/04

Gの持つ力(サスペンス風?に書いてみた)

今日、学校で午後の授業にて。
始まってから30分くらい経った後、前に座っていた友達が黒板とは別の方に、
しかし前の方へ目線を動かした。そこにいたのは――――


でっかい「G」。


周りをよくよく見れば他の人たちもそちらの方に目線を集中させていた。
そして無意識に、私の意識もそちらの方へ向かっていたのだ。
一旦姿をくらましたかに思えたが、さらに20分後に再び姿を露わにした。
しばらく黒板を周るようにウロチョロしていたが、やがて下に降りて――床へ落ちた。
その瞬間、周りも声なしにざわついた。いつこちらへ来るかわかったものじゃない。
10分くらいすれば何事もなかったかのようになったが、私も含め内心ではオドオドしていただろう。
…Gとはいつの時代にも、ある意味で人々の注目を集めるものなんだと、私は今日改めて知った。


はい、くだらない(笑)
ちなみに部屋に出てきた人はいますか? 私は1回ありました…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。